無料カウンセリング・体験トレーニングはこちら

『腹筋』を鍛えるメリットは?腹筋が与える嬉しい効果!

健康
この記事は約7分で読めます。

はじめに

こんにちは。表参道パーソナルジムD’ACTIONです。
本日は、【『腹筋』を鍛えるメリットは?腹筋が与える嬉しい効果!】というテーマで記事を書かせていただきます。

トレーニング初心者の方々はなんとなく腹筋を鍛えた方が良いというイメージでトレーニングをされている方がおられるのかなと思います。

そんな腹筋を鍛えることで得られるメリットや、衰えることで起こる健康障害などを紹介させていただきます。

 

そもそも腹筋って?

腹筋といっても、実は4つの部位(腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋)に分かれておりそれぞれの部位の特徴と役割を知ることで効果的なトレーニングを行えるようになるのです。

 

腹直筋

お腹の前側にある筋肉で、シックスパッドと言われる部分を含み、胸下から股下まで繋がる長い筋肉です。
臓器を守り、位置を固定してくれる役割があります。

この筋肉は臓器の場所を正しい位置に持っていってくれる働きがあるのため、
この筋肉を集中的に鍛えると、アブラックスというお腹の中央を伸びる縦線が出てきます。
さらに鍛えると、横線が出てきてシックスパックを手に入れることができます。

 

腹斜筋

外・腹斜筋

腹斜筋の一つで外側に付いているもので、脇腹の筋肉。
横腹にを包むように巻き付いており、体幹を安定させてくる役割があります。

胴体全体を包むようになっている外腹斜筋を鍛えることで、くびれを作る効果があり、
女性らしいキ曲線を描くウエストを手に入れることができます。
また、自然と姿勢がよくなり、胸郭を引き上げて綺麗なバストラインを作り出すことが。

 

内・腹斜筋

腹斜筋の一つで内側に付いているもの。
前述した外腹斜筋は腹部の全体を覆う表層筋に対して、内腹斜筋は深層に位置するインナーマッスルです。

脇腹を中心に両サイドに巻きついている内腹斜筋は、コルセットのような役割があり、
脇腹を引き締めてくれる効果が!この筋肉は骨盤を正常な位置に引き上げる働きがあり、
お腹をすっきりと見せてくれます。

 

腹横筋

脇腹の内層にある薄い筋肉。
腹筋の中で、一番深部に位置する筋肉であり、臓器などの内部にも影響を与えている筋肉です。

腹部にベルトのように横向きに巻きつく筋肉のため、ここを鍛えることでウエストが引き締まります。また深部に位置する筋肉のため、体の軸や骨盤がしっかり固定されます。
 
 

腹筋の低下で起こるデメリット

腹筋が低下すると腰痛や肥満の原因になる??

腹筋が低下すると、肋骨のガードがゆるみ、内臓の働きが低下し、基礎代謝が下がって脂肪がつきやすくなります。
背筋は腹筋ほどではないものの、ねこ背など姿勢の崩れで衰えます。
また背筋と腹筋は「拮抗筋(きっこうきん)」といって「対」の関係にあるため、どちらかが低下すると連鎖的に両方が低下します。腹筋が低下すると背筋に影響し、腰痛が起きやすくなります。
中高年のボディリメイクには、腹筋と背筋、両方のトレーニングが欠かせないと言えます。

便秘になりやすい??

便秘にはいくつか種類がありますが、
その中でももっとも日本人に多いとされる「弛緩性便秘」の原因になると言われています。

弛緩性便秘とは大腸の蠕動運動が低下することによる便秘で、腸内に便が滞在する時間が長く、水分が大腸に吸収されて便が固くなってしまいます。

腹筋の筋力が低下すると、いきむ力が弱くなり、便を押し出すことができず、腸内に便が留まって弛緩性便秘になることがあります。
とくに女性は男性に比べて腹筋の力が弱いため、弛緩性便秘になりやすいです。

また、腹筋は年齢によっても衰えるので、高齢者も弛緩性便秘になりやすいと言えます。

お腹がたるんでしまう

体幹部のインナーマッスルが弱いと、内臓を支える力が衰え、胃や腸などの位置が下がってしまうといわれています。
内臓が下垂すると、下腹部がぽっこりと出てしまう場合もあるでしょう。
内臓の下垂が原因でお腹が出ている場合には、インナーマッスルを鍛えることで下がっている内臓を正しい位置に戻すことが期待できます。
体幹のインナーマッスルは内臓の周りをぐるっと囲むように存在しているので、体幹を鍛えると内臓を支えられ、気になるお腹周りをすっきりさせ、ウエストのくびれを作ることにもつながるでしょう。
内臓が正しい位置に納まると、低下していた内臓機能が向上して便秘などの不調の改善も期待できるでしょう。
ウエストやお腹のラインを美しくしたい場合には、体幹のインナーマッスルを鍛えることが適しているといえます。

 

腹筋を鍛えるメリット

ここまで、腹筋の部位の効果やデメリットを紹介してきましたがここから簡単に腹筋を鍛えるメリットを紹介します!

 

脂肪がつきづらくなる

ブヨブヨにたるんだお腹は、筋肉量が減っている証拠です。
腹筋を始めとするインナーマッスルを鍛えることで、失われた筋肉量、及び基礎代謝量を取り戻すことに繋がります。同じ体重で比べても、筋肉量が多い人ほど消費するエネルギーは大きい。
つまり、筋力をアップすることで脂肪のつきにくい体を作ることができるのです!

 

便秘解消

これまでにもデメリットで紹介した、主に女性に多い悩みの一つ、便秘。
腹筋の力が弱いと、便を排出する際に腹圧を十分に上げることができず、結果として便秘を招きます。腹圧を上げるためには、腹横筋(ふくおうきん)が特に重要。腹横筋は腹筋の深層にあり、背中からお腹までをぐるりと囲む筋肉です。コルセットのような働きがあるため、鍛えることで腹圧を上げ、便秘を解消することができます。

 

姿勢改善

素敵な人は、背すじがすっと伸びているもの。
お腹にしっかりとした筋肉があることで、ピンと伸ばした背中を支えることができます。
あわせて鍛えておきたいのが、脊柱起立筋群(せきちゅうきりつきんぐん)。背骨に沿ってついている筋肉のため、鍛えることで必然的に姿勢が良くなります。腹筋と脊柱起立筋群、前と後ろから体を支えることで、凜(りん)とした良い姿勢を手に入れましょう。

 

くびれ&バストアップ

美しいくびれを作るためのポイントは、腸腰筋(ちょうようきん)にあります。ここをしっかりと鍛えれば、骨盤や内臓の位置が矯正され、ウエストの大幅ダウンに繋がるのです。さらに、腸腰筋を鍛えることで同時に周辺のコアマッスルも鍛えられ、姿勢が良くなります。猫背はバストアップの大敵ですから、正しい姿勢がキープできれば豊かなバストへの近道にも!

 

オススメトレーニング

腹筋を効率よく鍛えられるトレーニングを紹介!

 

プランクトレーニング

 

まずは、体幹トレーニングの王道「プランク」です。お腹前面の腹直筋、横の腹斜筋、お尻の大殿筋、などに負荷をかけます。

さらに、姿勢改善にも効果的なので、ぜひ最初に取り組んでいただきたいトレーニングです!

脚を重りとしたトレーニング

ニートゥーチェストやレッグレイズといった脚を重りとして負荷をかけた
腹筋トレーニングです。

インナーマッスル(腹横筋・腸腰筋など)が鍛えられることによって、内臓の位置が整って下腹のぽっこりを解消する効果が期待できます。 また、骨盤のゆがみや姿勢が改善されることで、代謝や見た目が良くなる効果も期待できます

 

まとめ

 

 
 
 
 
 
 
 
 

❶腹筋のそれぞれの部位の紹介

❷腹筋の低下で起こってしまう健康障害

❸腹筋を鍛えることでのメリット

❹効率の良いトレーニングの紹介

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、【『腹筋』を鍛えるメリットは?腹筋が与える嬉しい効果!】というテーマで記事を書かせていただきました。

トレーニングや生活をしていく上で、腹筋の重要性を紹介させていただきました。

体を鍛える中でインナーマッスルという言葉をよく耳にするかと思います。
腹筋=インナーマッスルが全てとは言えませんがインナーマッスルの大部分をしめており
これを鍛えることで姿勢改善もあり、姿勢がよくなることで他のトレーニングも効率よく鍛えられます。

女性にとっても良い効果がたくさんですね!

腹筋=お腹が痩せるは全てではありませんが、効率よく鍛えるために
腹筋はとても重要と言えるでしょう!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

D’ACTIONでは、公式Instagramにて、表参道の店舗の日々の様子や、日々の身体づくりや健康づくりに役立つ情報を発信中です。こちらもぜひチェックしてみて下さい!

 
タイトルとURLをコピーしました